andante

儚くて、その場限りの、一瞬のものたちによるパッチワーク

Zoomという波に乗れるか

雨は降らず、涼しい風が吹いていた日。

本日もわりと穏やかに労働。飲み物をいただいてしまった。日曜日にパワハラマンに会うのやーだーなー。お昼は家族が買ってきた、うまい店の餅米のおにぎりとおいなりさんときんぴらと唐揚げ。一枚のお皿に盛って、お弁当気分で食べた。

今日の午後も愛の不時着をずっと見ていた。ソウルのチキン屋さんでサッカーの試合(日韓戦)をお店にいる人たちと一緒になって観戦している隊員たちの姿に胸が熱くなる。抱き合って、大韓民国大韓民国!と叫んでいる。ドラマを作っている人たちのメッセージだ。あと一番末っ子の隊員が制服を着て喜んでいるシーンも。生まれた場所が南だったら、これが本来の彼の姿だったかもしれない。ビシッとスーツでキメて中隊長が戦っているところへ乗り込んでくるところは、韓国のヤクザ映画を見ているようであった。アクションがたくさん見られてうれしい。ドラマが進んでいくたびに耳野郎への愛おしさが増していく。終わっちゃうのが寂しいな。

占いで(また占いを信じすぎるターンがやってきた)「とてもラッキーなことが起こりそうな日」とあったけど何もなかったなーと夕飯を終えてメールを見たら、書類を応募した先から面接の連絡が来ていた!わお!しかもZoomでやるんだそうだ!Zoom!ありがたいけどちょっと不安。希望の日程を返信した。どうしよう。日程が決まったらホテルの日帰りプランを予約してみようか。

今週末の目標、本を読み終える、転職サイトにあった3社に応募してみる。