andante

儚くて、その場限りの、一瞬のものたちによるパッチワーク

夢と現実と現実

東京発着を除く、となったGo toキャンペーンは、さらに若者と高齢者の団体旅行を除く、となり、もう目も当てられない様である。しかもこれ旅行会社には何の通知もないらしく、働いている人たちは苦労させられているらしい。馬鹿ばっかり。政治資金集めに3000人のパーティーをした馬鹿野郎もいる。

東京都の感染者数293人、過去最多。ここにきて最多とは。

2時とかそれくらいに目が覚めて、5時過ぎぐらいまで起きっぱなしであった。辛かった。死にたい死にたいと思っていた。労働も辞めたい、人生も辞めたい。精神科とかカウンセリングとか、そういうところに行ってみようとも思った。その後ちょっと眠れたけれど(ものすごい気持ち良さだった)すぐに朝だった。ごはんが食べられなかった。だいぶおえおえした。

労働、若い人たちに「〇〇って知ってる?」と聞いて「知りません」という答えを聞いて騒ぐ、みたいなおしゃべりがうんざりであった。「うちらの頃はさ〜」みたいなやつ。はーいやだいやだ、反面教師にしてやろう。ふとしたときに昨日の失敗を思い返して鬱になった。尻と腰が凝ったのでストレッチをした。

お昼はマルちゃん正麺しょうゆ味(ネギ、チャーシュー)とブロッコリー。クレカの明細の整理をした。来月は請求金額が多いので、労働代が入っている口座からの引き落としだ。家計簿アプリはやっぱりうまくいかないので諦めた。うまくいかないことを忘れて、毎月がっかりしている気がする。ネトフリで何か見ようとしたけど集中できず。

学術書の会社の書類選考通らず。がっくし。昨日面接したとこもダメなら早めに連絡してほしいと思ってたけど、今日は来なかった。遠慮せんでもええんやで。

校正とか編集とか出版にこだわらず、前の仕事を活かせる貿易事務にも応募してみようかと思った。狭き門すぎてもう夢とかやりがいとかどうでもいいですわ。今の労働を辞めて実家を出ることが最優先な気がする。海外とつながれる仕事という志望にチェンジするのもありだな。まぁ、逃げですけども。転職サイトで応募してみたいとこがあったので、土日で進めたい。月曜日が休みなのでハロワに行きたい。