andante

儚くて、その場限りの、一瞬のものたちによるパッチワーク

下半期スタート

外に出たらもわっとした空気だ。湿気がすごい。

今日は労働の日で合ってた。パワハラマンはいちいち突っかかってくるのでやる気が奪われる。何なんだろうあの人。何を聞いても怒ったように答えが返ってくる。質問する気が失せる。初めてやることへの説明が雑すぎてぽかーんであった。でも聞いたら怒るし。どうすりゃいいんだ。早く死んでほしい。今月のシフト表をもらってきた。休みが多い気がする。

お昼はレタスとネギと卵のチャーハン。

車を出してもらって図書館へ行ってきた。3冊借りてきた。既に借りている本と合わせて、手元に韓国文学が3冊ある。

一番最初に履歴書を送った先が、今度こそ求人が無効となっている。

図書館へ行く以外、午後はずっと愛の不時着を見ていた。セリが無事に南へ帰ることができて、それはよかったねということだけど、これで中隊長とも今生の別れかと思ったら、中隊長も南へ来ていてウケた。しかも中隊の4人も耳野郎も中隊長を連れ帰ってくるために南へ来ていて最高だった。わーい、また彼らがわちゃわちゃしているのが見られるぞ。5人でコンビニのイートインスペースでカップラーメンやらレトルトのごはんやらをおいしそうに食べてる。いい。このドラマの雪の使い方がすきだ。