andante

儚くて、その場限りの、一瞬のものたちによるパッチワーク

ついにスマホでゲームをやるようになってしまった

寝るのが遅かったわりに早く目を覚ましてしまって、寝不足で機嫌悪しであった。それに追い討ちをかけるように、家族から東京に出ることを(やんわりと)反対されたのでますます機嫌悪しであった。いつまでごはん作ればいいんですかー。死ぬまでですかー。明日死んでくれるんですかー。あー。

I Love Hueという色のグラデーションを作るパズルゲームみたいのに軽くハマってしまい、ずるずるとやっていた。面白い。やりすぎて本を読んでいてもその紙がグラデーションで染められているように見えてくる。愛の不時着の好きなシーン(主に隊員たちがそろっているシーン)を見ながらweb履歴書を直すなどした。マイナビは使いづらくてイライラする。文字数制限が厳しい。

今週のしいたけ占いによると、今週を乗り切れば!という地点にいるとのこと。今週は休みながら、自分のペースで目の前のことをひとつずつ片付けていこう。

そういえばzoom面接について返信がなかったな。

チョン・セラン『保健室のアン・ウニョン先生』を読み終えた。同じ著者の『フィフティ・ピープル』が大好きだが、今回のはそれに比べるとだいぶ軽い仕上がりで、あとがきに、

私はこの物語をただ快感のために書きました。

とあるように、一番に「楽しかったな」という感想が出るような物語であった。人には親切にしたいと思っている大人が出てくるだけで救われた気分だ。著者がシナリオを手掛けてネトフリでドラマ化が進んでいるらしい。BB弾の銃をレインボーカラーのおもちゃの剣でぐにゃぐにゃのかたまりと戦う先生が見られるなんて楽しみ。