andante

儚くて、その場限りの、一瞬のものたちによるパッチワーク

TENET

8時ごろ起床。いい天気。部屋と外を三往復し、ダンボールゴミを全部出してスッキリした。自律神経を整えるストレッチをやり、洗濯機を回す。落ちるだろうと思っていたルイボスティーのしみ、ぜんぜん落ちてなかった…。ウタマロでこすっても落ちない…まぁ、いいか。

朝ごはんにダージリンとビスケットと楽しみにしてた湯田ヨーグルト。加糖だからほんのり甘くて、何といってももっちり具合がたまらなくおいしい。気に入った!このおいしさなら高くないかも。アイスとかコンビニスイーツを買うならこっちを買うわ。TENETの物理のとこを解説してくれてる記事を読み、その筆者さんが動画でも解説してくれてるのでそれも見ながら食べる。30個見直しもやった。

お昼、ベーコンとバジルのパスタ。食べ終わって13時半に外出。直前に生理になった。今月は早かった。

で、品川IMAXでTENET、もーすごーい難しくて、6割くらいしか理解できてないと思う。でもそこがノーラン映画の魅力だよねぇ、という面白さだった。難しい、頭をぞうきんのように絞られながら観るのが面白いというか。映像の情報量が多くて、何だかすごいものを見ているぞというわくわくした気持ちで見た。映像を見て、字幕も読まなきゃいけないので、取りこぼしてるところも結構あると思う。どうやったらこんなこと思いつくんだろう。過去から未来に生きる自分と未来から過去に生きる自分がいて、それは鏡のようでそうではなく、かといって全く別の人物かというとそうではない。まとっている電子が違う、真逆の自分。時間という概念が、存在という概念が、分子とか力の作用とかいろんなことが万華鏡のように広がっていって、その途方のなさと言ったらなかった。予習の成果があって、解説してくれてた言葉の意味はわかりました。もう一度見ても理解できるか不安なくらい難解。メモを取りながら、巻き戻しながら見たい。ジョン・ディヴィッド・ワシントンもロバート・パティンソンも評判通りのよさでした。ワシントンのアクションが素晴らしかった。歩き方がすごくいいな。パティンソンのひょうひょうとしながらも全部を計算し尽くしてる感じもよかった。

しんぶん赤旗の見本版を配っていたのでもらい、エキュートで揚げまんじゅうを買って帰宅。洗濯物を取り込んでいたら雨が落ちてきたので、ギリギリセーフだった。頭痛がするのでパラセタモールを飲んだ。

夜ごはん、ごはん、じゃがいもと小松菜の味噌汁、塩鮭、納豆、作り置きのおかず(さつまいもの煮物、ズッキーニ焼いたの、きのこと長芋炒め)、玉子焼き。食後に揚げまんじゅうとジョイフルメドレー。

20時からイ・ランのインスタライブ。飾らない自然な感じの、喫茶店での弾き語りライブであった。伸びのある美しい声で歌われる、寄り添ってくれるような歌がとてもよかった。何かしながら見てたので、あとでアーカイブを見ながら歌詞をじっくり読みたい(日本語訳をつけてくれてた)。コメントも読んでももらっちゃった。まだ保険のお仕事をされているのだろうか。

生理が来てホッとしたので、三島行きの新幹線とホテルを予約。Go toのサイトも会員登録をして、宿泊の申請をしたらあっという間にクーポンが発行された。こんなに簡単でいいんだろうか。